コーチの廉価な印象をさらに加速させる要因として考えられるのが「アウトレット品」の存在です。 余剰在庫からアウトレット品になるケースもありますが、コーチはアウトレット用のラインも作っているようですね。 正規品だと大体3万円~6万円、アウトレット品だと半額くらいが相場になります。

アウトレット品と偽物は違う!

アウトレット品とは??
そもそもアウトレット(Outlet)とは、「出口、はけ口」を意味します。
アウトレットとは、ざっくり分けると2種類に分けられます。
①工場から店舗へダイレクトに運んだ商品を売る「ファクトリー・アウトレット」
②余った在庫や訳あり品を売る「リテール・アウトレット」
はじめは工場で働く従業員が安く商品を買えるようにと、工場の中に小さなショップを出したのが始まりでした。一言で言えば、工場直販です。
 
主に国内正規品以外のルートで仕入れたり価値の下がった商品を販売しているものは、アウトレット品と呼ばれていることが多いです。
『海外の現地で直接買い付け、流通コストを減らした商品』『過剰在庫などの訳あり商品』などがあります。
また中にはアウトレット用に製造された商品なども存在します。
例えば、おなじみの「COACH(コーチ)」では、
前年に人気のあった正規品の色違いや形違いなどを、素材を変更しコストを下げて販売しているのです。これは高級ブランドメーカーなどが、商品やブランドイメージをより広めるために安く販売する「セカンドライン」と同じようなもの。素材やデザインに多少の違いがあっても決して偽物ではありません。
 
【アウトレットのメリット】
①価格の安さ
②売れ残った在庫、B級品を売り切ることができる
③ふだん商品を買うお客さま以外にもブランドをアピールできる
④安売りをするものの、ブランド価値を下げない
⑤ふだんの買いものでは出会えないデザインや機能の商品を見つけられる。